月別アーカイブ: 2016年2月

オタク婚活は使えるかも

婚活において、ご自身のオタク的な趣味を隠すべきかと心配される方も居ますが、オタク的な趣味は婚活ではあまり問題視されません。思いのほか、オタク趣味を持つ男女が多いのがその理由です。
逆に言えば、オタク同士であれば相手の趣味を受け入れられますし、干渉されないという利点があるので、結婚相手としては意外とねらい目なのです。

恥ずかしいとオタク趣味を隠したまま婚活し、結婚した後に揉めるケースもありますので、オタク趣味を公言した上で結婚相手を探すことをお勧めします。

近頃、様々に趣向を凝らした婚活ベントを目にするようになりました。

話題のウォーキング婚活やバーベキュー、寺社巡りなど、アウトドア系の婚活イベントから、室内で楽しむボルダリングや料理教室などのインドア派にも嬉しいタイプのものまで、楽しみながら婚活が出来る等の趣向を凝らした婚活が増えていますので、気になった方はぜひ一度調べてみてください。

出会いの際には、大多数がなるべく年収が高かったり容姿の整った相手を望むのではないでしょうか。
ですが、こうした利己的な気持ちを出し過ぎると、ようやく会えた異性との関係性が上手くいかなくなってしまうでしょう。

あるいは、相手選びに神経質になるあまりに、複数の異性をキープしておくと、痛い目を見るであろうことを忘れないでいてください。

友人の誘いをきっかけに、数年前に初めて婚活パーティーに参加しました。

婚活パーティーに参加したことのある女友達は多少知っていたので、イメージしやすかったのですが、参加経験のある男性の話は聞いたことが無かったので、男性はどういった感じなのか全くイメージできずに、当日までドキドキしていました。

自分勝手な想像ではありますが、陰気な印象の男性や、口下手な男性が中心なのかと思い込んでいたのですが、全く想像と違って人当たりが良い人がほとんどでしたので、婚活パーティーがモテない人の集まりという印象が間違っていたことに気付きました。ゴールインはまだ先の事だと思っていても、アラサーになると友達や同僚などが次々と結婚していき、焦燥感から婚活を焦ってしまう事が多いようです。

とはいえ、ゴールインする年齢というのは、人それぞれ違っていて当然です。周りのゴールイン話に流されず、自分の人生をまず考えてみましょう。今後、出会いをする際には人生経験を積んだところを長所として、婚活で生かせるといいと思います。
一口に出会いと言っても、その内容は様々です。

緊張しがちな方は婚活パーティーで相手を探しても会話を楽しむことが難しいですよね。このような時には、身近な知り合いに相手を紹介してもらう方法で出会いをすすめましょう。共通の知人から、あらかじめお互いの事を教えてもらえば当日は楽しんで話が出来ると思います。
そういった伝手がない方は、近くの結婚相談所を利用するのもおススメです。

結婚に繋がるような出会いはなかなかありません。

将来、本気で結婚したいと思っている方は出会いのお世話になるでしょう。

気長に構えていると、ゴールインのタイミングを逃してしまいます。一口に出会いと言ってもやり方は様々ですので、悩んだり頭を悩ませるよりも楽しそうだと思う婚活イベントに行ってみるのをお勧めします。
最近流行しているアウトドア系の出会いイベントもおススメですし、滝行や鬼ごっこ、人狼ゲームなどのイベントも面白そうですよね。

ご自身の性格や理想の異性のタイプを考えながら、楽しんで婚活が出来るのでおススメです。

婚活で上手くいかない理由は人それぞれですが、女性でよく聞くものは、相手の収入に対する不相応な高望みです。女性によっては高収入の結婚相手を望み、楽な生活がしたいと考えている人も意外と多いのです。

結婚後の生活が楽になることばかりを考えていると婚活の成功は難しいでしょう。
かたや共働きを希望する女性の場合、婚活もスムーズに行くようです。

これから婚活をする方にぜひ実践していただきたいのは、結婚したい時期をはっきりとしておくことです。
その理由は、例え良い出会いがあっても、「もっと良い相手がどこかに居るのでは?」と欲深くなって次から次へと婚活をと出会いを繰り返し、結局、相手を選ぶことが出来なくなってまた婚活を繰り返す「婚活難民」になりかねないのです。このような状況に陥らないように、期限を決めておけば覚悟を持った婚活が出来ると思います。

本来、婚活とは自分の人生を共に歩む相手を見つけるために、自分の人生を設計していくポジティブな活動ですよね。
とはいえ、長く相手に恵まれないまま、婚活を繰り返している状態では肉体的にも精神的にもストレスがかかり、落ち込みが続くと、うつ病を発症する事だってあります。

過度に考え過ぎないようにして、気持ちに余裕を持って婚活をすすめるのが良いと思います。