月別アーカイブ: 2016年7月

誘われて婚活パーティー行ってみました

私が初めて婚活パーティーに参加したのは、数年前に友達に誘われたことがきっかけです。

女友達の中には、パーティーを経験済みの人が何人か知っていたのですが、異性のパーティー経験者は周りにいなかった為、男性はどういった感じなのか全くイメージできずに、当日までドキドキしていました。

あくまで私のイメージだと男性の参加者は、多くが口下手だったり、暗い感じの人なんだろうと考えていました。

ところが、実際は、全くそうではなく、第一印象から素敵な人が多くいましたので、婚活パーティーが明るくて楽しい印象に変わりました。
40歳前後ともなると、世間では婚活が難しくなるように思われがちですよね。ですが、そこまで困難という訳でもないようです。

ご自身の身の丈に合った理想であれば、ちゃんとした将来設計を持って真剣にパートナーを探している異性も思いのほか多いようです。アラフォーの出会いでは、皆さん、ある程度の人生経験がありますから、きちんと相手を見極められる見込みが高いと言えます。

婚活パーティーなどのチャンスがあれば積極的に参加して、ご自身の性格や良いところを伝えるように心掛けてください。果たして、婚活の期間はどれくらいがちょうど良いのかはっきりとは言えませんが、正しい答えは存在しないでしょう。

出会いを始めたばかりで結婚相手を見付けることが出来る人もいれば、何度出会いをしても全く結婚の目途が立たない場合もあるでしょう。

結婚が婚活のゴールです。婚活の期間をはじめから決めて焦るよりも、リラックスして自分にあったペースで婚活を続けましょう。

ゴールインはまだ先の事だと思っていても、アラサーになると周りは次々とゴールインしていって置いてきぼりにされたような気持ちになってしまい婚活を焦ってしまう事が多いようです。

しかし、結婚のタイミングというのは皆がみんな同じ訳ではありません。ですから、周囲がみんな結婚したからといって焦ってしまわないよう、しっかりとご自身の人生設計について考えてみて下さい。

これらを考えた上で婚活を始めるのであれば、多くの経験を積んできたことを武器にして、積極的にアピールしましょう。相手と密に関係をつくる必要がある婚活においては、ストレスを抱えて辛いと思うこともあると思います。

覚えておいて頂きたいのはストレスを感じた場合は無理をせず休むということです。余裕のない状態で婚活したとしても結婚に発展することは無いに等しいです。
それに、仮に良さそうな出会いがあった場合も、気持ちにゆとりが無ければますます気持ちに余裕が無くなることだってありますから、疲れた時には休むことを徹底してください。これまで、婚活パーティーは数回ほど参加経験がありますが、いわゆる婚活バスツアーは、仕事の休みとうまく合わせられない為にまだ参加したことがありません。

情報によるとツアーの内容次第では、女性の参加費用が男性の半分、というツアーもあるので、お得になって、嬉しいですよね。個人的に、パッと人を判断したり顔を覚えるのが不得手なため、進行が速いパーティーよりもしっかり話す時間が持てるバスツアーは、自分に向いているような気がして、今、一番注目しています。

婚活と言っても様々なやり方がありますから、自分に合った方法を探してみましょう。

例えば初対面で会話するのが苦手という人はパートナーを見付けるために婚活イベントに参加しても会話を盛り上げることが出来ない、ということもありますよね。

このような時には、イベントなどに行くのではなく、友人や知り合いに出会いの場を作ってもらった方が上手くいくようです。

実際に合ってみる前に、お互いのことを多少知れますから、初対面だとしても、それほど緊張せずに会話を楽しめるのではないでしょうか。

ですが、友人や知人に頼めない人もいますよね。
そういう場合は近くのゴールイン相談所を利用するのもおススメです。様々な婚活のタイプがありますが、どのようなタイプの婚活サービスを利用しようと思っても顔写真は絶対に用意しておかなければなりません。
この写真が問題で、最近は簡単に補整が出来るようになっていますが、実物と極端に違ってはいけません。

実際と写真の容姿にギャップがあるとその分騙されたと感じて落胆したり、怒りを覚える人もいます。
こうなってしまうと、相手との交際は破綻してしまう可能性が高いです。これは婚活中の方におススメなのですが、はじめから婚活に費やす時期を自分の中で決めておきましょう。曖昧なままですと、例え良い出会いがあっても、それ以上の出会いを求めて婚活を繰り返し、いわゆる婚活難民と呼ばれる状況になりかねません。
このような状況に陥らないように、期限を決めておけば覚悟を持った婚活が出来ると思います。

たとえ結婚願望があっても、資金が用意できなければ充実した出会いにはなりませんし、何とか結婚に漕ぎ着けたとしても、夫婦生活に金銭面の不安がついてまわります。

真剣に結婚したいと考えているならば、低収入の状態を脱するようにするのも良い方法だと言えます。

職を変えたり資格を取ってみたり、方法は色々ありますから自信を持って婚活に取り組める環境を整えるのも良いでしょう。